Skip to content

AWS 日本語ハンズオン

Amazon Web Services(AWS) の 日本語ハンズオンやワークショップを、カテゴリごとにまとめています。
右側の目次や、ヘッダー部分の検索ボックスから、各コンテンツにたどり着けます。
また、Ctrl + F や command + F を使ったページ内検索もご活用いただけます。

料金について

ハンズオンで作成した AWS リソースは通常の料金が発生します。作成したリソースの削除を忘れずにお願いします。
もし忘れてしまうと、想定外の料金が発生する可能性があります。

画面の差異について

ハンズオンで紹介されている手順と、実際の操作方法に差異がある場合があります。
AWS は随時アップデートされており、タイミングによってはハンズオンコンテンツが追いついていない事もあります。
差異がある場合、AWS Document などを活用しながら進めて頂けますと幸いです。

image Analytics

  • Amazon QuickSight のセルフハンズオンキット日本語版
    4 種類の QuickSight ハンズオンを学習いただけます。QuickSight の主要な可視化機能・ML インサイト・Webアプリケーションにダッシュボードを埋め込む方法などを学習いただけます。
    tag : Amazon QuickSight, Amazon Athena

  • 手を動かしなら学ぶ Analytics サービス入門
    Amazon Redshift、Amazon QuickSight を用いて、データ分析環境を構築し、簡単なデータ分析の可視化を行います。
    tag : AWS Hands-on for Begginners, Amazon Redshift, Amazon QuickSight

  • Amazon Redshift Serverless データ分析セルフハンズオン
    Amazon Redshift Serverless は、エンタープライズレベルの機能・性能を持った分析用 データベースを、業務部門でも手軽に使うことのできるサービスです。Amazon Redshift Serverless を使って、Amazon S3 上にあるデータを取り込んで分析のためのクエリーを行う内容を体験できます。また、BI ツールの QuickSight を使って Amazon Redshift Serverless のデータを可視化する方法を学習頂けます。
    tag : Amazon Redshift Serverless, Amazon QuickSight

  • Amazon OpenSearch Service Intro Workshop
    Amazon OpenSearch Service は、オープンソースの全文検索エンジン OpenSearch および可視化・分析ツールの OpenSearch Dashboards を、安全かつスケーラブルな形で提供するマネージドサービスです。本ワークショップでは、OpenSearch の基礎から AWS サービスを組み合わせたシステムの構築まで、Amazon OpenSearch Service の使い方を理解し、今後の活用に役立てていただくための足がかりとなるような情報を提供します。
    tag : Amazon OpenSearch Service

  • AWS Glue Immersion day
    AWS Glue は、アナリティクス、機械学習、アプリケーション開発のためのデータの発見、準備、結合を容易にするサーバーレスデータ統合サービスです。AWS Glue は、データ統合に必要なすべての機能を備えているため、数分でデータの分析を開始し、利用することができます。この Immersions Day Workshop は、実際の問題を解決するシナリオで、AWS Glue と関連する AWS サービスを使った複数のハンズオンラボに取り組むものになっています。
    tag : AWS Glue, AWS Data Exchange, Open Data on AWS, Spark, Glue Studio, Glue DataBrew

  • Redshift Immersion Labs
    このワークショップでは、ユーザーが Redshift プラットフォームを使い始めるのに役立つ一連の演習を行います。また、プラットフォームに組み込まれている多くの機能のデモンストレーションにも役立ちます。
    tag : Redshift, Redshift ML, Redshift Spectrum

  • Data Engineering Immersion Day
    Amazon Kinesis Services によるストリーミングデータインジェストと分析、AWS Data Migration Service によるバッチデータ取り込み、AWS Glue によるデータカタログとデータレイクでのETL 実行、Amazon Athena によるデータレイクへのクエリ、Amazon Quicksight による視覚化など、AWS の分析サービスを実際に体験できます。
    tag : Amazon Athena, Kinesis Data Streams, Kinesis Data Firehose, Kinesis Data Analytics, Managed Streaming for Kafka, AWS Database Migration Service (AWS DMS), AWS Glue, Apache Hudi, Amazon QuickSight

  • Amazon DataZone ハンズオン(ベーシック)
    このハンズオンでは、Amazon DataZoneを使った データの公開、サブスクライブ、分析といった、Amazon DataZone ポータルにおける基本的な操作方法を学習いただけます。
    tag : Amazon DataZone、AWS Glue、Amazon S3、AWS Lake Formation、Amazon Athena

  • データレイクハンズオン
    幅広いデータソースからの構造化データまたは非構造化データの集中リポジトリとして使用できる Data Lake は、データの保存と分析の方法として多くの企業に取り入れられています。このハンズオンでは、AWS のビッグデータ関連サービスを使用して実際に分析パイプラインを構築することを通して、 Data Lake とビッグデータ分析基盤構築の実感を持って頂くことをゴールとしています。
    tag : Amazon QuickSight, Amazon Athena, AWS Glue, Amazon Kinesis Data Firehose, Amazon Redshift, Amazon OpenSearch Service, Fluentd

  • QuickSight ワークショップ
    QuickSight の埋め込み方法を学習頂けるワークショップです。
    tag : Amazon QuickSight

  • Amazon QuickSight 埋め込みハンズオン
    マルチテナントで提供している Web サービスに QuickSight を埋め込む内容にフォーカスしたハンズオンです。ネームスペースやグループなどを活用した権限管理、ダッシュボードのテンプレートの展開方法などを学習いただけます。
    tag : Amazon QuickSight

  • Connected Vehicle Workshop
    このハンズオンでは、AWS サービスが Automotive のユースケースにどのように活用できるかについて、一連の手順で紹介します。今回はユースケースとして、車両をクラウドへ接続して、データの送受信、データの分析、データの可視化を体験していただきます。
    tag : Amazon QuickSight, Amazon Athena, AWS IoT Core, Amazon Kinesis Firehose

  • Amazon Athena Federated Query 経由で Amazon DynamoDB のデータを Amazon QuickSight で可視化するハンズオン
    Amazon Athena の Federated Query を活用するハンズオンです。DynamoDB のデータと、Amazon S3 上のデータを Athena 経由でジョインし、その結果を Amazon QuickSight で可視化する内容を体験いただけます。
    tag : Amazon Athena, Amazon QuickSight

  • AWS Meter Data Analytics (MDA): メーターデータからの洞察の獲得
    AWS Meter Data Analytics Quick Start をベースに活用し、メーターデータ分析プラットフォームの活用方法を体験いただけます。
    tag : AWS Glue, Amazon Athena, AWS Amplify, AWS Step Functions

  • AWS での Utility Meter Data Analytics
    機械学習 (ML) を使用して、スマートユーティリティメーターからのデータの分析に役立つプラットフォームを体験いただけます。
    tag : Amazon Redshift, Amazon Athena, AWS Glue, SageMaker

  • AWS Glue DataBrew ハンズオン
    このハンズオンでは、AWS Glue DataBrew の基本的な機能を試すことができます。 サンプルデータを用いて、Amazon QuickSight での可視化までを一括で行います。
    tag : AWS Glue DataBrew, Amazon QuickSight, Amazon Athena

  • Amazon Athena Workshop :: ハンズオンラボ
    サーバレスクエリエンジンである、 Amazon Athena の基本操作からFederated Query, UDF, Athena ML などの応用まで広く網羅したワークショップです。
    tag : Amazon Athena

  • Amazon Athena ACID transaction workshop
    Amazon Athena はサーバレスで S3 などのデータに対して SQL クエリーが発行可能なインタラクティブな分析サービスです。新しく ACID トランザクションをサポートし、 INSERT, DELETE, UPDATE, 過去のデータに対してクエリーが発行可能なタイムトラベルクエリに対応しました。この新機能を体験頂くワークショップです。
    tag : Amazon Athena

  • Amazon MSK ワークショップ
    Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (MSK) を体験頂くハンズオンです。MSK クラスターを構築して、Producuer・Cosumer としてデータのやり取りを行う方法を学習できます。
    tag : Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (MSK)

  • AWS Glue DataBrew ワークショップ
    AWS Glue DataBrew はデータのクリーニングと正規化を迅速にするビジュアルデータ準備ツールです。多くの一般的なデータ変換作業がノーコードで行えるように様々な処理があらかじめ組み込まれています。このワークショップは、Glue DataBrew を体験頂ける内容となっています。
    tag : AWS Glue DataBrew

  • AWS Glue Studio ワークショップ
    AWS Glue Studio は AWS Glue での抽出、変換、ロードなど、ETL ジョブの作成、実行、およびモニタリングを簡単にできるようにする機能です。このハンズオンでは、AWS Glue Studio を使って GUI をつかったデータ加工を体験頂けるハンズオンです。
    tag : AWS Glue Studio

  • はじめてのモダンデータ解析基盤
    AWS のビッグデータ関連サービスを使用して実際に分析パイプラインを構築することを通して、 Data Lake とビッグデータ分析基盤構築の実感を持って頂くことをゴールとしています。
    tag : Amazon Kinesis Data Firehose, Amazon Athena, Amazon Redshift Spectrum, AWS Glue, Amazon QuickSight

image Application Integration

  • Amazon Managed Workflows for Apache Airflow (MWAA) ハンズオン
    Amazon Managed Workflows for Apache Airflow (MWAA) は、Apache Airflow のマネージドオーケストレーションサービスであり、クラウドでエンドツーエンドのデータパイプラインの設定と運用を大規模かつ簡単に行えるようにします。このハンズオンでは、MWAA で Athena テーブルを作成するワークフローを体験いただけます。
    tag : Amazon Managed Workflows for Apache Airflow (MWAA), Amazon Athena

image AR & VR

None

image AWS Cost Management

  • Instance Scheduler on AWS (Japanese)
    Instance Scheduler on AWS は、 AWSソリューション の一つです。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) および Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスの開始スケジュールと停止スケジュールを設定して、AWS リソースコストを管理することができます。
    tag : Instance Scheduler

image Blockchain

  • NFT Workshop
    このハンズオンでは AWS にあまり慣れていない方、NFT のサービスを構築したことがない開発者の方を対象に、AWS を活用しながら AWS CDK(Cloud Development Kit) を使って環境の自動構築、NFT のマーケットプレイスの作成、NFT の発行、NFT の売買、2 次流通で作者に印税を支払う をすることで、AWS と NFT に慣れ親しんでもらうことを目的としています。
    tag : Amazon Managed Blockchain, Ethereum, NFT

  • QLDB ハンズオン
    このハンズオンでは Amazon Quantum Ledger Database を使った実践的な台帳アプリケーションの構築を体験できます。
    tag : Amazon QLDB

  • Amazon Managed Blockchain (Hyperledger Fabric) ワークショップ
    このハンズオンでは、Amazon Managed Blockchain で Hyperledger Fabric を構成し、サンプルスマートコントラクトを動かすまでの内容を体験いただけます。
    tag : Amazon Managed Blockchain

  • Amazon QLDB ワークショップ
    Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) はフルマネージド型の台帳データベースです。データの変更履歴を管理し、変更履歴自体の変更や削除が出来ない仕組みとなっています。変更履歴をどのように使用できるのか体験できるハンズオンです。
    tag : Amazon QLDB

image Business Applications

  • Amazon Connect Basic Handson
    このワークショップは、Amazon Connectに初めて触る方を対象に、簡単なコンタクトセンターシステムを構築して、設定方法を体感いただくことを目的としています。
    tag : Amazon Connect

  • Amazon Connect による基本的なコンタクトセンター構築
    Amazon Connect を利用したコンタクトセンターの構築・利用方法をを学んでいただき、実際に基本的なコンタクトセンターの構築を行います。
    tag : Amazon Connect

  • Amazon Connect Bootcamp
    このワークショップでは、Amazon Connectおよび関連するAWSのサービスを段階的に構築することで、コンタクトセンターのユースケースに基づいて機能を実装する手順を体験します。
    tag : Amazon Connect, AWS Lambda, Amazon DynamoDB, Amazon Lex

  • Amazon Connect CallBack Requester Hanson
    このワークショップでは、Amazon Pinpoint、AWS Lambda、Amazon Connectを使用して、顧客からのSMSリクエストに応じて、透過的に顧客を電話コールバックのキューに入れる方法を体験します。これにより、ユーザーはエージェントに電話をかけてもらうようにSMSで依頼するだけで、次のエージェントが空き次第、システムが自動的に顧客へ電話を発信します。
    tag : Amazon Connect, Amazon Pinpoint, AWS Lambda

  • Amazon Pinpoint で作るカスタマーエクスペリエンス
    このワークショップを通してPinpointでカスタマーエクスペリエンスを向上させるための環境構築を学べます。セグメントやパーソナライズ 、ジャーニーなどの各種機能、Personalizeとの連携や各種APIの操作など、幅広くPinpointを理解することができます。
    tag : Amazon Pinpoint, Amazon Personalize

  • Amazon Connect and Amazon Lex Integration
    このワークショップでは、Amazon Connect を Amazon Lex と統合する方法を説明し、コンタクトセンターのセルフサービスや、ダイナミックでパーソナライズされた応答を提供を実現する方法を説明します。
    tag : Amazon Connect, Amazon Lex

  • Amazon Simple Email Service(SES) の構築
    このワークショップでは、Amazon Simple Email Service (SES)をセットアップして使用し、安全にメールを送信する方法を学びます。SES の設定、パーソナライズされたメールの送信、メール送信の管理、高度な機能の使用、安全なメールの送信、よくある問題のトラブルシューティングの方法を学びます。
    tag : Amazon Simple Email Service, Amazon SES

  • Amazon Connect ハンズオン
    このハンズオンでは、Amazon Connect の基本的な使い方を学習できます。リンクににある Download ボタンから、zip ファイルをダウンロードして学習を進められます。
    tag : Amazon Connect

  • Amazon Connect Customer Profiles Workshop
    このワークショップでは、エージェントが効率的でパーソナライズされたカスタマーサービスを提供できるように、Salesforce などの外部アプリケーションの情報と Amazon Connect のコンタクト履歴を組み合わせることにより、Customer Profilesがエージェントが必要となる情報を提供できることを体験します。
    tag : Amazon Connect, Salesforce, Zendesk, Marketo, ServiceNow, Segment, Shopify

  • Amazon Connect Customer Voice ID Workshop
    このワークショップでは、一連のハンズオンラボを通してAmazon Connect Voice ID をセットアップする方法を学習し、通話者の声で認証あるいは詐欺師を検出し、Amazon Connect Voice ID のさまざまな機能を探ります。
    tag : Amazon Connect

  • Amazon Connect Dive Deep Training
    このワークショップは、Amazon ConnectのBasic HandsonやBootcampを体験した方を対象に、コンタクトセンターに必要となる様々な機能を、関連するAWSサービスやSaaSサービスと連携して実現することにより顧客体験/従業員体験を向上させる方法を学びます。
    tag : Amazon Connect, Amazon Lex, Amazon Transcribe, Amazon Comprehend, Amazon Translate

  • Amazon Connect Tasks Enablement Workshop
    このワークショップでは、Amazon Connect Tasksを設定し、特定のシナリオに基づいて動作確認することで、Tasksのユースケースを体験します。
    tag : Amazon Connect

  • Contact Lens for Amazon Connect Workshop
    このワークショップでは、クラウドベースのコールセンターを設定する方法を学びます。また、Contact Lens for Amazon Connectにより通話に関するインサイトを得られるように設定します。
    tag : Amazon Connect

image Compute

  • スケーラブルウェブサイト構築 ハンズオン
    AWS 上 でスケーラブルな Web システムの構築を体験するハンズオンです。WordPress を EC2 で稼働しながら、スケーラブルな構成を体験できます。
    tag : Amazon EC2, Amazon RDS, Elastic Load Balancing(ELB)

  • スケーラブルウェブサイト構築編
    WordPress を使ったブログサイトの構築を通じて、スケーラブルな Web システム構築方法が学べます。主に取り扱う AWS サービスは Amazon EC2、Amazon RDS、ELB の3つです。
    tag : Amazon EC2, Amazon RDS, Elastic Load Balancing(ELB)

  • Amazon EC2 Auto Scaling スケーリング基礎編
    Amazon EC2 Auto Scaling を利用したスケーリング設定方法、スケーリングの考え方、使い分けといったスケーリングの基礎を学ぶことができます。
    tag : Amazon EC2, Auto Scaling

  • EC2 スポットインスタンスワークショップ
    このワークショップでは、スケールするワークロードに対してコストを最適化しながらAmazon EC2を活用する方法を学びます。具体的には、Amazon EC2スポットインスタンスとEC2 Auto Scalingでの複数インスタンスタイプ・複数購入オプションの構成方法を取り上げます。
    tag : Amazon EC2, Spot Instance

  • CI/CD for AWS Batch Workshop
    本ワークショップでは、AWS Batch の CI/CD パイプラインを構築します。まずは Docker イメージを手動で更新し、次に CI/CD パイプラインを構築することで、自動で AWS Batch に Docker イメージが反映されることを体感して頂けます。
    tag : AWS Batch, AWS CodeBuild, AWS CodePipeline

  • Amazon EC2 Inf1 Workshop
    本ワークショップでは、AWS が設計、開発を行った AWS Inferentia 推論チップを搭載した Amazon EC2 Inf1 インスタンスを実際に体験して頂けます。
    tag : Amazon EC2, Inferentia

  • AWS Nitro Enclaves Workshop
    機密性の高いデータを AWS Nitro Enclaves で処理する方法を学習します
    tag : Amazon EC2

  • AWS 体験ハンズオン ~セキュア&スケーラブル ウェブサービス構築~
    セキュアでスケーラブルなウェブサービスの構築手順を体験できるワークショップです。
    tag : Amazon EC2, Amazon VPC, Amazon RDS

  • HPC on AWS Hands-On for AWS ParallelCluster
    クラウド上に HPC 用クラスタ環境を構築できる AWS ParallelCluster のハンズオンです。AWS ParallelCluster によるクラスタ作成から、ジョブスケジューラと紐づいた計算ノードの自動スケール、HPCサンプルアプリケーションの実行等を行う内容を体験頂けます。
    tag : HPC, AWS ParallelCluster

  • HPC on AWS: AWS Batch
    クラウド上で大規模な処理を行うための AWS Batch 入門です。マネージメントコンソール上で AWS Batch を利用する方法や、コンテナを自作してジョブを投げる方法を体験頂けます。
    tag : HPC, AWS Batch

  • HPC Workshop (Parallel Cluster/AWS Batch)
    HPC (High-Performance Computing) の環境を作って試す内容を学習できます。
    tag : HPC, AWS ParallelCluster, AWS Batch

  • Workshop for AWS Academy (Cloud9/EC2/RDS/S3/SSM)
    踏み台環境・サーバ・データベース・オブジェクトストレージ を AWS 上で設定する内容を体験できます。
    tag : AWS Cloud9, Amazon EC2, Amazon S3, Amazon RDS, AWS Systems Manager

  • EC2 Image Builder ワークショップ
    AWS またはオンプレミスで使用するための仮想マシンとコンテナイメージの構築、テスト、およびデプロイを簡素化するサービスを体験いただけます。
    tag : Amazon EC2

image Containers

  • Amazon ECS 入門ハンズオン
    このハンズオンでは、コンテナイメージを作成して、AWS 上でコンテナを動かし、インターネットからアクセスする一連の流れを体験できます。 AWS のサービスの説明と一緒に、コンテナイメージの作成方法なども併せて紹介しており、初心者でもわかりやすいハンズオンを目指しています。学習の最初のステップとしてご活用いただけます。
    tag : Amazon ECS, AWS Fargate, Amazon ECR

  • Amazon Elastic Container Service 入門 コンテナイメージを作って動かしてみよう
    コンテナイメージを作成して、AWS 上でコンテナを動かし、インターネットからアクセスする一連の流れを体験できます。
    tag : Amazon ECS, AWS Fargate, Amazon ECR

  • ECS Web Application ハンズオン
    このハンズオンでは、Ruby on Rails ウェブアプリケーションをコンテナ化し、ECS on EC2 および ECS on Fargate を使用したアプリケーションのデプロイ、オートスケーリングを体験します。また、発展コンテンツでは CI/CD パイプラインの作成を体験します。
    tag : Amazon ECS, AWS Fargate, Amazon ECR, AWS CodeBuild, AWS CodePipeline

  • ECS Workshop - Cats and Dogs-
    Amazon ECS や Fargate、さらには Docker コンテナの開発ワークフローにあまり馴染みのない方に最適なコンテンツを提供しています。
    tag : Amazon ECS, Amazon ECR, AWS FireLens, Container Insights, Auto Scaling

  • Introduction to Amazon EKS
    このハンズオンでは、 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) とクラスターの作成および管理のためのシンプルなコマンドラインユーティリティである eksctl を使用して、マネージドな Kubernetes クラスターを実行します。 サンプル Web アプリケーションをビルドして Kuberneres クラスターにデプロイし、kubectl コマンドによる Kubernetes の操作と、Amazon EKS 上でのアプリケーションの実行を体験していただきます。
    tag : Amazon EKS

  • Helm Introduction Workshop
    このハンズオンでは、Helm を使ったアプリケーションのデプロイ方法を紹介します。公開されている Helm チャートを利用するだけであれば、Helm チャートの作り方や、Helm チャートの中身の詳細を理解する必要はありませんが、Helm チャートの内部構造についても知っていると、トラブルシューティングなどに役立つことがあります。
    tag : Kubernetes, EKS, Helm

  • コンテナ化のためのリファクタリング / リアーキテクティング ワークショップ
    このワークショップは、既存のアプリケーションをリファクタリング、リアーキテクティングし、コンテナ化していく流れをご体験いただくものです。このワークショップでは、 The Twelve-Factor App を参考にアプリケーションをリファクタリングしてコンテナ化したり、そのアプリケーションを Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) の環境にデプロイしたりする体験を通して、コンテナ化に必要な知識や作業を一通り学ぶことができます。
    tag : Amazon ECS, Amazon ECR, AWS Fargate, ElastiCache for Redis, Java, Tomcat

  • Amazon ECS マイクロサービス & CI/CD ハンズオン
    Amazon ECS 上で稼働するコンテナに対して、CI/CD パイプラインを構築する方法を学習頂けます。
    tag : Amazon ECS, AWS CodeCommit, AWS CodeBuild, AWS CodePipeline

  • ECS Service Connect ワークショップ
    このワークショップでは、実際に Amazon ECS Service Connect を使用してコンテナアプリケーションをデプロイし、サービスディスカバリや VPC 内のサービス間通信、サービスエンドポイントのヘルスチェックとトラフィック管理、シンプルな運用とデバッグを実現する ECS コンソールを使用したトラフィックの考察、既存のサービスを ECS Service Connect を用いた構成に移行するプロセスなど、ECS Service Connect の利点について確認していきます。
    tag : Amazon ECS, AWS Cloud Map, ECS Service Connect

  • EKS x Istio Workshop
    このハンズオンでは、 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) と オープンソースのサービスメッシュプラットフォームである Istio を使用して、マイクロサービス間の認証やモニタリング、相互認証、L7 での柔軟なロードバランシング等をご体験頂けます。
    tag : Amazon EKS, Istio, Envoy

  • AWS App Runner ワークショップ
    このワークショップでは、まず App Runner サービスの作成方法を学びます。その後、作成したサービスに少しずつ機能を追加しながら、VPC 接続やオートスケーリングなどの機能や、 SSM パラメータストア、Secrets Manager、WAF、X-Ray などの AWS サービスとの統合について学習します。
    tag : AWS App Runner、Amazon ECR、AWS X-Ray、AWS WAF、AWS Secrets Manager、AWS Systems Manager

  • AWS App Runner ワークショップ
    App Runner と GitHub を連携して、シンプルな Web アプリケーションをデプロイする方法を学習いただけます。
    tag : AWS App Runner

  • AWS App Mesh & AWS Cloud Map ワークショップ
    App Mesh の基本的な動作を紹介し、アプリケーションのネットワーキングを提供するサービスメッシュを体験いただけます。
    tag : AWS App Mesh, AWS Cloud Map

  • AWS CI/CD for Amazon ECS ハンズオン
    Amazon ECS を初めとした AWS サービスを活用して、コンテナによるマイクロサービス CI/CD をご体験いただけます。
    tag : Amazon ECS, AWS CodeCommit, AWS CodeBuild, AWS CodePipeline

  • Amazon Elastic Kubernetes Service 上でのオープンソースモバイルコアネットワークの実装
    オープンソースプロジェクト Open5gs を使用して 4G コアネットワークを構築するための実用的な実装ステップを学習いただけます。
    tag : Amazon EKS, Amazon DocumentDB

  • AWS Proton で ECS Fargate のアプリケーション実行環境を作ってみようハンズオン
    Proton は、アプリケーション開発に必要な AWS 環境、継続的インテグレーション/継続的デプロイパイプラインを開発者が様々なインタフェース、言語を意識することなく Proton 上から利用することができることに大きなメリットがあります。 本ハンズオンは、アプリケーション実行に必要な環境構築に責任をもつインフラエンジニア、アプリケーション開発に責任をもつ開発エンジニアとそれぞれの観点で作業を記載しています。 それぞれの作業内容を理解し、Proton を実際に利用する時のイメージを持ってもらうことを目的としています。
    tag : AWS Proton, Amazon ECS, AWS Fargate

  • Copilot Primer Workshop
    このワークショップでは、サンプルの TODO アプリ作成を通して Copilot の機能を体感できます。
    tag : AWS Copilot, Amazon ECS, CI/CD, AWS CodePipeline, AWS CodeCommit, AWS CodeBuild

  • クラウドネイティブな自動車用ソフトウェア開発入門
    本ワークショップでは、AWS Graviton インスタンス、Raspberry Pi および AVA Developer Platform というすべてのコンピュート要素において、コンテナ化した同一のワークロードを環境パリティを保ちながら実行可能な、新しい Automotive-Native なソフトウェア開発用のインフラを紹介します。
    tag : Amazon EC2, Graviton, CodeCommit, CodeBuild, CodePipeline, YOLO

image Database

  • Amazon Aurora MySQLの認証設計ベストプラクティス
    Amazon Auroraにはいくつかの認証方式が用意されており、一般に、アプリケーションの認証にはネイティブ認証、人の認証にはIAM認証を使うのがベストプラクティスです。 また、アプリケーションが利用するパスワードの危殆化リスクを低減するため、ネイティブ認証のパスワードを定期的にローテーションする対策がしばしば取られます。このワークショップでは、認証認可のベストプラクティスを取り上げます。
    tag : Amazon Aurora, MySQL

  • Amazon Aurora Serverless v2 ワークショップ
    Amazon Aurora Serverless v2 を触ってみるハンズオンです。
    tag : Amazon Aurora Serverless v2

  • RDS Proxy / Lambda ワークショップ
    Lambda 関数から、RDS Proxy を経由して RDS に接続する内容を学習できるワークショップです。
    tag : RDS Proxy, AWS Lambda

  • Amazon Neptune グラフデータ可視化ハンズオン
    Amazon Neptune は、マネージド型のグラフデータベースサービスです。このハンズオンでは、データの間の関連性を Neptune 上で紐づけながら、Web サイト上で関連性を可視化する内容を体験いただけます。
    tag : Amazon Neptune

  • Babelfish for Aurora Postgres ワークショップ
    Babelfish for Aurora PostgreSQL は、Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションの新機能であり、Aurora が Microsoft SQL Server 用に作成されたアプリケーションからのコマンドを理解できるようにします。Babelfish for Aurora PostgreSQL を学習頂けるワークショップです。
    tag : Babelfish for Aurora PostgreSQL

image Developer Tools

  • AWS Code サービス群を活用して、CI/CD のための構成を構築しよう!
    AWS CodeCommit、AWS CodeBuild、AWS CodeDeploy、AWS CodePipeline を利用し、継続的インテグレーション/継続的デプロイメント(CI/CD)構成を作成します。
    tag : AWS CodeCommit, AWS CodeBuild, AWS CodeDeploy, AWS CodePipelie

  • Amazon CodeCatalyst Workshop
    CodeCatalyst は、ソフトウェアチームが日々の活動を調整し、開発プロセス全体を管理することで、アイデアを本番環境で動作するソフトウェアに迅速に変換できるよう支援する、DevOps ツールの統合セットを提供するマネージド・サービスです。このワークショップでは、AWS チームが、ツールセットアップのオーバーヘッドなしにプロジェクトを迅速に開始し、チーム作業とプロジェクトの進捗を監視し、アドホックな問題に取り組み、一貫した環境を設定し、デプロイメントを自動化するために知っておくべきことを紹介します。
    tag : Amazon CodeCatalyst

  • CI/CD on AWS ワークショップ
    このワークショップは、ソフトウェアエンジニア、プラットフォームエンジニア、アーキテクトが、AWS で継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) ツールを使い始めるための実践的な体験を提供することを目的としています。
    tag : CI/CD, CDK, Amazon ECS, CodeCommit, CodeBuild, CodePipeline

  • カオスエンジニアリングワークショップ
    本ワークショップでは、実践を通じてカオスエンジニアリングの基礎を学ぶことを目的としています。ハンズオンを通じて、WEB3層アーキテクチャにおける各コンポーネント障害に対する回復力や、AWS Fault Injection Simulator にる実験管理の方法について確認していきます。
    tag : AWS Fault Injection Simulator

  • 分散負荷テストソリューション ワークショップ
    Distributed Load Testing (分散負荷テスト) on AWS は、負荷テストに必要な負荷クライアントを必要なタイミングで必要量だけ立ち上げて負荷掛けを実行し、試験が終了したら自動で停止できるソリューションです。本ワークショップでは、 同ソリューションを利用し、実際に動くワークロードに対して負荷テストを実行していきます。ワークショップを通じて負荷テストの実施方法について学ぶことができます。
    tag : Distributed Load Testing on AWS

  • Amazon CodeWhisperer
    AI コーディングコンパニオンを使用して、アプリケーションをより速く、より安全に構築できます。Amazon CodeWhisperer は何十億行ものコードに基づいてトレーニングされており、コメントや既存のコードに基づいて、スニペットから関数全体まで、さまざまなコード候補をリアルタイムで生成できます。時間のかかるコーディングタスクを省き、使い慣れていない API を利用する場合でも開発を加速できます。
    tag : Amazon CodeWhisperer

  • AWS CDK Immersion Day ワークショップ
    本ワークショップは、AWS CDK を手を動かしながら学習できるコンテンツです。開発環境をセットアップし、CDK Toolkit を用いて AWS 環境へアプリケーションをデプロイする手順について体験できます。AWS CDK Workshop の後継ワークショップです。
    tag : AWS CDK, AWS CloudFormation,

  • AWS Fault Injection Simulator ワークショップ
    AWS Fault Injection Simulator は、AWS 上で障害を起こし可用性・回復性が問題ないか実験を行うためのマネージドサービスです。このワークショップでは、EC2 インスタンスを終了したときの実験をする内容を学習できます。
    tag : AWS Fault Injection Simulator

image End User Computing

  • Amazon WorkSpaces 入門
    このラボでは、Amazon WorkSpaces とAWS Directory Service を使用して、組織のエンドユーザー向けにクラウドデスクトップを展開する方法について学習します。想定所要時間:4時間
    tag : Amazon WorkSpaces

  • Amazon AppStream 2.0 入門
    このラボでは、AWS 上で動作するフルマネージドで安全なアプリケーションストリーミングサービスであるAmazon AppStream 2.0 を使用して、デスクトップアプリケーションを展開しストリーミングする方法について学習します。想定所要時間:4時間
    tag : Amazon AppStream 2.0

  • Amazon WorkSpaces Web ワークショップ
    Amazon WorkSpaces Web は、VPC に接続することのできる Web ブラウザをリモートアクセスすることのできるサービスです。このハンズオンでは、Amazon WorkSpaces Web を学習頂けます。
    tag : Amazon WorkSpaces Web

image Front-end Web & Mobile

  • AWS Amplify Workshop with Vue.js
    AWS を使用したスケーラブルなモバイルアプリおよびウェブアプリの作成、設定、実装を容易にする AWS Amplify を提供しています。このワークショップでは、AWS Amplify と Vue.js を利用した、手早く、かつスケールするアプリケーションの実装を体験できます。
    tag : AWS Amplify, Vue.js, AWS AppSync, Amazon DynamoDB, Amazon Cognito, Amazon Pinpoint, Amazon Comprehend, Amazon Translate, Amazon Polly, Amazon Rekognition

  • AWS Amplify を用いた Web サイトの構築方法を学ぼう
    AWS Amplify という Web フロントエンド、モバイルアプリの開発を加速させるサービスを利用した Web サイトの構築方法について理解を深めることができます。
    tag : AWS Amplify, AWS AppSync, Amazon Cognito, Amazon DynamoDB

  • AWS Amplify Studio – 最小限のプログラミングでFigmaからフルスタックのReactアプリを実現
    Amplify StudioのFigma連携と、これまでのAmplify Admin UI(現Amplify Studio)のもっていたバックエンドの設定・管理機能を用いて「住宅リスト」アプリケーションを作ります
    tag : AWS Amplify, AWS AppSync, Amazon DynamoDB, Amplify Studio, Figma

  • フルスタックのチャットアプリケーションをAWSとNext.jsで構築する
    Next.jsとAWS CDKで構築したAWSバックエンドを用いて、リアルタイムチャットアプリケーションを作成します。UIライブラリにAmplify UI, Amplify Hostingを用いて、フロントエンドとバックエンドが独立したリポジトリにおいてこれらを統合する方法について示します
    tag : AWS Amplify, Amazon Cognito, AWS AppSync, Amazon DynamoDB, Amazon S3, AWS CDK

  • Amazon Location Service 入門 ワークショップ
    このワークショップでは、Amazon Location Service の活用方法を学習頂けます。マップを Web アプリケーションに埋め込む、ジオコーディングや逆ジオコーディング、ルート最適化、といった方法を学習頂けます。
    tag : Amazon Location Service, AWS IoT Core

  • Amplify Core Workshop
    このワークショップは、Amplify エコシステムの理解を深めたい開発者に実践的な体験を提供することを目的としています。モバイルアプリを構築する場合でも、JavaScript、iOS、Flutter を使用してデスクトップ用のアプリを構築する場合でも、Amplify にはすぐに使えるツールとフレームワークが用意されており、すぐに使い始めることができます。このコースでは、Amplify が提供する様々なコンポーネントを使用して、小売店の Web アプリケーションを構築します。
    tag : Amplify, AppSync, Amplify Studio, React

  • Amazon Location Service ハンズオン
    Amazon Location Service は、アプリケーションに位置情報などのロケーション機能を追加する負担を軽減するマネージドサービスです。このハンズオンでは、Amazon Location Service の構成を体験いただけます。
    tag : Amazon Location Service

  • AWS Amplify Admin UI ワークショップ
    AWS Amplify は、フロントエンドのウェブ/モバイルデベロッパーが AWS でフルスタックアプリケーションをすばやく簡単に構築できるようにするツールと、関連する一連の機能です。このワークショップは、Amplify を使った Web サイトを構築し、Admin UI を使った DynamoDB などの管理方法を体験いただけるものです。
    tag : AWS Amplify

image Game Development

  • Amazon GameLift Realtime Server Workshop
    このワークショップでは、Unity と Amazon GameLift Realtime Server を利用して、サンプルのマルチプレイヤーゲームの開発を体験できます。
    tag : Amazon GameLift Realtime Server, Unity

  • Game Development on AWS Workshop
    このWorkshopでは、AWS上でのゲーム開発を実際に体験し、構成を確認したり改変を行います。
    tag : Amazon EC2, Unreal Engine (UE4), Jenkins, Game

image Internet of Things

  • AWS IoT Core 初級ハンズオン
    AWS IoT Core の基本的な機能や、他のAWSサービスとの連携方法、デバイス側でのSDKや証明書の使い方など、IoTデバイスからAWSへ接続、データをアップロードし、活用するための手順を一通り学ぶことができます。
    tag : AWS IoT Core, Amazon Kinesis Data Streams, AWS Lambda, Amazon DynamoDB, Amazon API Gateway, Amazon OpenSearch Service, Amazon Kinesis Firehose, Amazon S3

  • AWS IoT Jumpstart
    WS IoT サービスを使用して本番環境に対応した IoT アプリケーションを設計するための、 アーキテクトや開発者向けのハンズオントレーニングを実施します。
    tag : AWS IoT Core, AWS IoT Analytics, Amazon QuickSight, Amazon SageMaker, AWS Lambda, AWS AppSync, Amazon DynamoDB, Amazon Cognito, AWS IoT Device Defender, IoT Device Management

  • AWS IoT Analytics ハンズオン
    AWS IoT Analyticsを利用することでデータ収集時に複雑な処理パイプラインを自分で構築すること無く、マネージドサービスに任せてすぐに開始することが出来ることを学べます。また、蓄積されたデータをAmazon QuickSightを使って可視化することで、データを基に様々な判断を行える環境を構築することが出来ることを学べます。
    tag : AWS IoT Analytics, Amazon QuickSight

  • AWS IoT Device Management Workshop
    このハンズオンでは AWS IoT Device Managementを利用して、デバイスのプロビジョニング・フリートインデックス・デバイスのグループ化・OTA の 4 つの操作を体験頂けます。
    tag : AWS IoT Core, AWS IoT Device Management,

  • AWS IoT Device Defender ハンズオン
    増えていくデバイスの設定がゆるくなってしまったことを検出したり、複数の条件を満たすような挙動をしているデバイスを検出する方法について体験していただくことが出来ます
    tag : AWS IoT Core, AWS IoT Device Defender, Amazon SNS, AWS Lambda

  • AWS IoT Events 初級ハンズオン
    このハンズオンでは AWS IoT Events を利用し、コードレスで複雑な状態管理のアプリケーションを構築する方法について学びます。
    tag : AWS IoT Core, AWS IoT Events, Amazon SNS

  • AWS IoT Greengrass 2.0 入門ハンズオン
    reengrass V2の基本機能やアプリケーションの開発方法を学ぶことができます。また、エッジランタイムをAWSサービス上で動作させるため、エッジデバイス実機を用意していただく必要はなく、AWSアカウントとブラウザがあればすぐに試すことができます。こちらのハンズオンを通じて体験する開発方法や、作成するアプリケーションは、次のステップとして実機での利用に活用していただくことが可能です。
    tag : AWS IoT Greengrass V2

  • AWS IoT SiteWise Edge Workshop
    AWS IoT SiteWise Edge の機能の使い方を学習することができます。データをローカルで処理 するための AWS IoT SiteWise に関する設定を学習し、ローカルでデータを取得、エッジのモニターポータルに取り込みます。
    tag : AWS IoT SiteWise Edge

  • AWS IoT SiteWise ハンズオン
    このハンズオンでは、 AWS IoT SiteWise を学習するにあたり、3 つの発電所 (Power Plant) に各々2つの発電機 (Generator) がある環境をシミュレートします。各発電機からは温度、回転数や発電量などのデータ (メトリクス) を収集・保存し、生産設備の稼働効率に関する階層化された指標である設備総合効率 (Overall Equipment Effectiveness = OEE) に沿って可視化しモニタリングする方法を、実際に手を動かしながら 3〜4 時間ほどで学ぶことが出来ます。ハンズオンを始めるにあたっては、デバイスなどを用意せず、ブラウザのみで簡単に学べます。
    tag : AWS IoT SiteWise

  • IoT Core for LoRaWAN workshop
    AWS IoT Core for LoRaWAN を使用してプライベート LoRaWAN ネットワークを構築する方法を学習します。 LoRaWAN ネットワークをセットアップした後で、LoRaWAN デバイスからのデータを AWS アプリケーションで利用する方法と、LoRaWAN デバイスからのデータを活用したIoTソリューションを実際に構築する方法を学習します。
    tag : AWS IoT Core for LoRaWAN

  • AWS IoT TwinMaker workshop for beginners
    既存の 3D モデルを AWS IoT TwinMaker でインポートして、物理空間とその状態を 3D シーン上で表現します。AWS IoT TwinMaker では他の時系列などのデータストアサービスに接続して、デジタルツイン上で表現するコンポーネント(データコネクタ)を作成します。仲介するサービス数を抑えたシンプルなアーキテクチャで構成され、AWS IoT TwinMaker 学習の最初の一歩としておすすめです。
    tag : AWS IoT TwinMaker, Amazon Timestream, Amazon Managed Grafana

  • AWS IoT DevloperDay with IoT TwinMaker
    既存の 3D モデルを AWS IoT TwinMaker でインポートして、物理空間とその状態を 3D シーン上で表現します。AWS IoT SiteWise では産業プロトコルのデータの取り扱いに適しているサービスです。今回はCloud9で生成された擬似的なセンサーデータをIoT Coreで受け取り、SiteWiseにデータを転送します。その後、デジタルツイン上で表現するコンポーネント(データコネクタ)を作成し、SiteWise と S3 のデータをTwinMakerで扱うハンズオンです。AWS IoT TwinMaker 学習の最初の一歩としておすすめです。
    tag : AWS IoT TwinMaker, AWS IoT SiteWise, AWS IoT Core, AWS IoT Core , Amazon Managed Grafana

  • Amazon Kinesis Video Streams ハンズオン
    Amazon Kinesis Video Streams を用いたカメラデバイスからの動画の収集、保存、 ライブやオンデマンドでの再生、動画ファイルのダウンロード、 Amazon Rekognition Video と組み合わせたライブ顔認識やニアリアルタイム分析などを行う方法を学びます。また、WebRTC を用いてカメラデバイスとブラウザ間で低遅延、双方向のメディアストリーミングを行う方法についても学べます。
    tag : Amazon Kinesis Video Streams, Amazon Rekognition Video

  • AWS Industrial IoT Workshop
    本ワークショップでは、AWS における IIoT の概念や関連するサービスの概要を把握していただくために設計されています。また PLC に接続し、データ(タグ)を取り込み、ほぼリアルタイムでデータを可視化し、データレイクの一部としてこうしたデータがどのように使えるのかを実際に体験していただきます。
    tag : AWS IoT Greengrass V2, AWS IoT SiteWise, Amazon Managed Grafana, AWS IoT TwinMaker

image Machine Learning

  • Amazon Bedrock Workshop
    生成系 AI についてお客様に見られる最も一般的な使用パターンをいくつか紹介します。テキストや画像を生成し、生産性を向上させて組織に価値をもたらす手法を探ります。これは、メールの作成、テキストの要約、質問への回答、チャットボットの構築、画像の作成、コード生成に役立つ基盤モデルを活用することで実現されます。Bedrock API、SDK、LangChain や FAISS などのオープンソースソフトウェアを使用して、これらの使用パターンを実装する実践的な経験を積むことができます。
    tag : Amazon Bedrock

  • Amazon Kendra を利用した Retrieval Augmented Generation (RAG) ハンズオン
    Amazon Kendra とその検索結果をもとに生成系 AI を使ってわかりやすい回答文を作成する RAG(Retrieval Augmented Generation:拡張検索生成)アプリケーションを構築します。生成系 AI や AWS に関する深い知識は不要で、入門レベルの内容となっています。
    tag : Amazon Kendra, 生成系AI, RAG (Retrieval Augmented Generation)

  • 生成系 AI 体験ワークショップ
    このワークショップでは、Generative AI (生成系 AI) を活用したアプリケーションを AWS 上に構築し、社内データを活用したチャットボットや要約、文章校正、画像生成などのユースケースを体験していきます。
    tag : Amazon Bedrock、Amazon Kendra

  • SageMaker Immersion Day
    Amazon SageMaker Immersion Dayは、特徴量エンジニアリングからさまざまなビルトインアルゴリズムの理解、本番環境のようなシナリオでのMLモデルのトレーニング、チューニング、デプロイまで、MLユースケース構築のエンドツーエンドの理解をお客様やパートナーに提供します。 独自のモデルを持ち込んで、オンプレミスのMLワークロードをAmazon SageMakerプラットフォームにリフト&シフトする方法を説明します。 さらに、モデルのデバッグ、モデルの監視、AutoMLのような高度なコンセプトを説明し、AWS ML Well-Architectedレンズを通して機械学習のワークロードを評価するためのガイドを行います。 このワークショップは、主にデータサイエンティストを対象としていますが、AWSを使った機械学習について知りたい方であれば、どなたでも参加できます。
    tag : Amazon SageMaker, Amazon SageMaker Data Wrangler, Feature Store, Amazon SageMaker Processing, TensorFlow, Autopilot, Debugger, Model Monitor, Clarfy, Pipeline

  • SageMaker Canvas Immersion Day
    Amazon SageMaker Canvas Immersion Day はセルフペースまたはインストラクター主導で行うことのできるラボです。本ラボを実施することによって、公開されたデータセットに基づいて Amazon SageMaker Canvas を用いた現実世界の課題解決が可能になります。本ラボではビジネスアナリストを主な対象者としていますが、すべての方がご自身で Sage Maker Canvas を使用できるようになることを想定しています。
    tag : Amazon SageMaker Canvas

  • Amazon SageMaker Canvas 〜 ノーコードで機械学習を始めよう
    Amazon SageMaker Canvas を使って、ノーコードで機械学習を体験する入門ハンズオンです。わかりやすく動画で学習頂けます。
    tag : Amazon SageMaker Canvas

  • Amazon SageMaker Canvas ワークショップ
    Amazon SageMaker Canvas は AWS が提供する構造化データを対象とした機 械学習をノーコードで実現できるサービスです。使い方を学習できるワークショップです。
    tag : Amazon SageMaker Canvas

  • SageMaker Studio Lab Community
    Amazon SageMaker Studio Lab でデータサイエンスが学べる教材集です。データサイエンティスト協会の定義を参照しデータサイエンス、データエンジニアリング、ビジネスの 3 つのカテゴリに分けて教材を紹介しています。個々の教材のライセンスの範囲で、個人はもちろん社内でのデータサイエンス教育にも活用頂けます。
    tag : Amazon SageMaker Studio Lab

  • ML Enablement Workshop
    プロダクトを開発するチームが、課題解決の選択肢として機械学習を選択できるようになることをゴールとしたワークショップです。プロダクトマネージャー向けの機械学習インプット、開発者向けの機械学習ハンズオン、3 者全員でユースケースを発見するためのアイデアソンの 3 部構成となっています。自社のプロダクトで機械学習を活用するためのチーム間のコミュニケーションの醸成、具体的なユースケースの発見を行うために利用頂けます。
    tag : Amazon SageMaker Studio Lab

  • 機械学習入門者向けハンズオン : 機械学習で画像を分類してみよう
    このハンズオンでは、これから機械学習を始めようと考えている方が、プログラミングを通じて機械学習について理解することを目的としています。機械学習には Python を利用しますので、Python を使ったプログラミング経験があるとスムーズです。
    tag : Amazon SageMaker, scikit-learn

  • SageMaker Workshop Linear Learner with MNIST
    SageMaker のNotebook環境を立ち上げて使ってみる内容です。0 から 9 までの手書きで書かれた数字を学習し、0 かそれ以外を判定する機械学習モデルを作成する内容を体験いただけます。
    tag : Amazon SageMaker, MNIST

  • 機械学習中級者向けハンズオン : Amazon SageMaker Hands-on Workshop
    このハンズオンでは、Amazon SageMaker の機能を使って機械学習を簡単に始められることを目的としています。本ワークショップでは機械学習でよく使われる Python 言語を中心に進めていきますので、Python を使ったプログラミング経験があるとスムーズです
    tag : Amazon SageMaker, scikit-learn

  • AWS Managed AI/ML サービス はじめの一歩
    AWS には機械学習の深い知識がなくとも AI/ML を組み込める Managed な AI/ML サービス群があります。このハンズオンでは、5つの AI/ML サービスを利用する方法について学んでいただけます。
    tag : Amazon Personalize, Amazon Forecast, Amazon Transcribe, Amazon Comprehend, Amazon Rekognition

  • Welcome to Kendra Essentials+
    Amazon Kendra は、機械学習を活用した高精度で使いやすいエンタープライズサーチサービスです。Kendraは、強力な自然言語検索機能をWebサイトやアプリケーションに提供します。またエンドユーザーは Kendra の機能により社内に散在する膨大なコンテンツの中から必要な情報をより簡単に見つけることができるようになります。このワークショップでは、いくつかのコネクタを使用してKendraインデックスを構成し、検索結果を向上させるためのメタデータの使用方法を学びます。
    tag : Amazon Kendra, Amazon Cognito, AWS Amplify, Amazon Lex

  • Amazon CodeGuru ワークショップ
    Amazon CodeGuru はインテリジェントなレコメンデーションを提供するデベロッパーツールで、コードの品質を向上し、アプリケーションの最もコストがかかっているコード行を特定するのに役立ちます。Amazon CodeGuru を使って、GitHub 上のソースコードに対する推奨事項をレコメンドしてくれる内容を体験いただけます。
    tag : Amazon CodeGuru

  • Amazon DevOps Guru ハンズオン
    Amazon DevOps Guru は機械学習を使用して異常な動作パターンを検出するため、運用上の問題が顧客に影響を与える前に、その問題を特定することができます。このハンズオンでは、異常な動作パターンを疑似的に起こし、DevOps Guru で異常を検知する方法を体験いただけます。
    tag : Amazon DevOps Guru

  • はじめての自然言語処理(NLP:Natural Language Processing)ハンズオン
    このハンズオンでは AWS が提供している、自然言語処理関連の 4 つのサービスを用い て、日本語の処理を体験するハンズオンです。
    tag : Amazon Translate, Amazon Polly, Amazon Transcribe, Amazon Comprehend

  • Amazon Forecast ハンズオン
    Amazon Forecast は AWS が提供している時系列データをもとに予 測を行う機械学習サービスです。このハンズオンでは、Forecast の基本的な使い方を学習いただけます。
    tag : Amazon Forecast

  • Amazon Lex ワークショップ
    Amazon Lex は、音声やテキストを使用した会話型インターフェイスをさまざまなアプリケーションに構築するための AWS のサービスです。Amazon Lex を使って、牛丼を注文する流れを構築できるハンズオンです。
    tag : Amazon Lex

  • Amazon Lookout for Equipment Pipeline Workshop
    この Amazon Lookout for Equipment Pipeline ワークショップはセンサーデータの解析を通じて設備の異常な挙動を検出したいユーザのためのものです。機械学習の深い知識は必要なしに、データに基づいて機器の異常をチェックするサービスを作るために、センサーから Amazon Lookout for Equipment にデータを転送する実例を含んでいます。
    tag : Amazon Lookout for Equipment, AWS IoT Core, Amazon Kinesis Data Firehose, Amazon Athena, Amazon QuickSight, AWS Glue, AWS Lambda, Amazon SNS

  • Amazon Lookout for Metrics ワークショップ
    Amazon Lookout for Metrics は、機械学習 (ML) を使用して、売上高や顧客獲得率の急激な低下など、ビジネスおよび運用データの異常 (標準からの外れ値など) を自動的に検出および診断します。Amazon Lookout for Metrics の使い方を体験いただけるハンズオンです。
    tag : Amazon Lookout for Metrics

  • Amazon Lookout for Vision Workshop
    Amazon Lookout for Vision ワークショップでは、Amazon Lookout for Vision の機能とAPIを体験できます。コンピュータビジョン(CV)を使い、欠陥や異常を発見する方法を紹介しています。Amazon Lookout for Vision を使用することで、大量に製品画像があったとしても異変を早急に検知でき、製造会社は製品品質を向上させて運用コストを削減することができます。
    tag : Amazon Lookout for Vision, AWS IoT Greengrass

  • Amazon Personalize ハンズオン
    Amazon Personalize は AWS が提供している過去の購買履歴など から個人化レコメンデーションを行う機械学習サービスです。このハンズオンでは、Personalize の基本的な使い方を学習いただけます。
    tag : Amazon Personalize

  • WordPress を利用した AmazonTranslate Polly Rekognition ハンズオン
    このハンズオンでは、WordPress を構築し、AWS サービスと連携して音声機能・翻訳機能・画像のカテゴライズ機能を追加する方法を体験頂けます。リンクににある Download ボタンから、zip ファイルをダウンロードして学習を進められます。
    tag : Amazon Translate, Amazon Polly, Amazon Rekognition

  • Amazon Rekognition Immersion Day
    Rekognition の機能や API に関するハンズオンを行います。これにより、オブジェクト、シーン、顔の検出、テキストの抽出、有名人の認識、および画像やビデオの不適切なコンテンツを特定することができます。また、カスタム画像解析モデルを構築して、ビジネスに固有の画像内のオブジェクトとシーンを特定します。最後に、Augmented AI を使用して、人間によるレビューを行うワークフローを Amazon Rekognition と統合する方法について学びます。
    tag : Amazon Rekognition

  • AWS RoboMaker ハンズオン
    このハンズオンでは強化学習を⾏うロボットアプリケーションを使い、AWS RoboMaker の機能のうち、「開発環 境」と「シミュレーション」機能について体験できます。
    tag : AWS RoboMaker

  • Workshop for AWS Academy Learner Lab (SageMaker R-kernel)
    SageMaker Notebook で、R を扱うハンズオンです。iris データセットを使いながら、R で散布図や標準偏差、回帰直線などを利用する手順を体験いただけます。
    tag : Amazon SageMaker, R

  • AWS DeepRacer Workshop
    AWS DeepRacer の強化学習モデルを作る方法を学ぶハンズオンです。
    tag : AWS DeepRacer

  • Amazon SageMaker JumpStart Workshop
    SageMaker JumpStart は、機械学習を始めるのに役立つ、広範な問題タイプに対する事前トレーニング済みのオープンソースモデルを提供します。このハンズオンでは、JumpStart を使って画像に映っている動物の判別、日本語文字列の相関分析などを体験いただけます。
    tag : Amazon SageMaker JumpStart

  • Generative AI - Stable Diffusion on Amazon SageMaker Workshop
    Extension for Stable Diffusion on AWS solution を利用して、Amazon SageMaker エンドポイントを呼び出し、大量の画像を生成する方法、また、モデルを自動的に微調整するパイプラインを構築する方法を学びます。
    tag : Stable Difussion, SageMaker, Generative AI

  • AWS の機械学習サービスのサンプルコードのためのレポジトリ
    AWS の機械学習サービスのサンプルコードのためのレポジトリです。
    tag : Repository

  • Amazon Omics - End to End
    ワークショップを通じて、Amazon Omics のメリットを理解、シーケンスデータを Omics Storage にロードする方法、Omics Workflows によるワークフローの実施などを学習できます。
    tag : Amazon Omics, Omics Storage, Omics Workflows, Omics Analytics

image Management & Governance

  • One Observability Workshop
    このワークショップは、AWS が提供するさまざまなツールセットで、アプリケーションの監視と監視をセットアップするための実践的な体験を提供することを目的としています。
    tag : Amazon CloudWatch ServiceLens, AWS X-Ray, Amazon CloudWatch Contributor Insights, Amazon CloudWatch Synthetics, Amazon CloudWatch RUM, Amazon CloudWatch Evidently, Container Insights, Logs Insights, Lambda Insights, Amazon Managed Service for Prometheus, Amazon Managed Grafana, AWS Distro for OpenTelemetry

  • AWS Systems Manager ハンズオン
    AWS Systems Manager の各種利用方法を学習できます。フリートマネージャーやセッションマネージャーによるリモート接続、RunCommand によるサーバ群へのコマンド一括投入、OS パッチの自動適用などを学習できます。
    tag : AWS Systems Manager, Fleet Manager, Systems Manager, RunCommand, Patch Manager

  • AWS Systems Managerを使ったサーバ管理はじめの一歩編
    AWS Systems Managerを使った、サーバのインベントリデータ収集、リモート接続、サーバへの一括コマンド実行などの管理運用について学べます
    tag : AWS Systems Manager, Session Manager, Run Command

  • AWS 環境のコード管理 AWS CloudFormationで Web システムを構築する
    一般的な Web システム環境を例にして、AWS CloudFormationの使用方法およびクラウドにおける構成管理の考え方が学べます。
    tag : CloudFormation

  • AWS CDK Workshop
    本ワークショップは、AWS CDK を手を動かしながら学習できるコンテンツです。開発環境をセットアップし、実際に CDK Toolkit を用いて AWS 環境へアプリケーションをデプロイする手順について体験できます。
    tag : AWS CDK

  • TypeScriptの基礎から始めるAWS CDK開発 入門
    このワークショップは、「今までインフラを触っていて、AWSサービスも知っているがコードはあまり書いたことがない」という方に向けた、TypeScriptの基礎から始めるAWS Cloud Development Kit (AWS CDK) 開発入門トレーニングです。
    tag : CDK, TypeScript

  • 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼう
    Amazon CloudWatchを利用した AWS における監視の基本が学べます。WordPressを題材に、どのようにAWSで監視していくかを体験できます。
    tag : Amazon CloudWatch

  • Control Tower Workshops
    AWS Control Tower サービスのデプロイの概要をハイレベルで学ぶことができます。
    tag : AWS Control Tower

  • AWS Resilience Hub を使用してアーキテクチャの回復性をモニタリングする
    AWS Resilience Hub は、AWS アプリケーションの回復力の定義、検証、追跡を一元的に行うことができます。アプリケーションを中断から保護し、復旧コストを削減して事業継続性を最適化し、コンプライアンスや規制要件を満たすのに役立ちます。ワークショップでは、AWS Resilience Hub のさまざまな機能を体験できます。
    tag : AWS Resilience Hub

  • AWS CloudFormation ワークショップ
    AWS CloudFormation ワークショップの初級編では、基礎的な AWS CloudFormation のコンセプトについて紹介します。中級編と上級編では、CloudFormation のより深い特徴について学習することができます。
    tag : AWS CloudFormation

  • Systems Manager & QuickSight ハンズオン
    このハンズオンでは Amazon EC2 インスタンスを作成し、これに含まれるソフトウェア構成情報を AWS Systems Manager (SSM) を用いて収集、さらに Amazon QuickSight での可視化を行います。
    tag : Systems Manager, QuickSight

  • Amazon Managed Service for Grafana (AMG) Workshop
    Grafana を活用した フルマネージドでセキュアなデータ可視化サービスです。AMG を使って、CloudWatch のメトリクスを可視化する方法を学習できます。
    tag : Amazon Managed Grafana

  • Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) ハンズオン
    Amazon Managed Service for Prometheus (AMP)はコンテナの高い可用性と安全性、およ びコンテナに対するマネージドモニタリングを提供するサービスです。 AMP が取得したデータを可視化することがこのハンズオンのゴールです。
    tag : Amazon Managed Service for Prometheus

  • AWS CDK v2 ワークショップ
    クラウドインフラをコードで定義し、プロビジョニングするための AWS CDK v2 を体験いただけるワークショップです。
    tag : AWS CDK v2

  • AWS Proton ワークショップ
    AWS Proton は、コンテナおよびサーバーレスデプロイ向けの管理の自動化サービスです。このワークショップでは、Proton を使って、Lambda や DynamoDB などから構成されるサーバーレスアプリケーションの構成を体験いただけます。
    tag : AWS Proton, AWS Lambda, Amazon DynamoDB

  • CloudWatch Evidently ワークショップ
    機能フラグとしても知られているダークローンチの実装と A/B テストを簡単に実現するCloud Watch Evidently を皆で触ってみます。
    tag : Amazon CloudWatch Evidently

  • CloudWatch RUM ワークショップ
    クライアントアプリのモニタリングを実現するCloudWatch Real-User Monitoring (RUM)を触ってみるワークショップです。
    tag : Amazon CloudWatch RUM

image Media Services

  • AWS で動画配信をはじめよう
    AWS Elemental Media Services のハンズオンです。 このコンテンツではよくあるユースケースに沿って、手を動かしながらライブストリーミング(Live Straeming)配信、ビデオオンデマンド(VOD)配信の基本を学習いただけます。
    tag : AWS Elemental Live, AWS Elemental MediaLive, AWS Elemental MediaPackage, Amazon CloudFront, AWS Elemental MediaStore, AWS Elemental MediaTailor, AWS Elemental MediaConvert, Amazon S3

  • Amazon IVSを使ったLive配信の構築
    このワークショップでは、Amazon Interactive Video Service を使用してライブストリーミングチャンネルを作成します。AWS コンソールを使用してチャネルを作成し、ライブストリームを数分で開始する方法を学習します。
    tag : Amazon Interactive Video Service(IVS)

  • vMixをEC2で稼働させるクラウド制作
    本ワークショップでは、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)上の vMix と AWS Elemental Media Services もしくは、Amazon Interactive Video Service を使用して、独自のクラウドベースのライブプロダクションおよびストリーミングプラットフォームを構成します。
    tag : vMix, AWS Elemental MediaLive, AWS Elemental MediaPackage, Amazon CloudFront, Amazon S3, Amazon Interactive Video Service(IVS)

  • Amazon Interactive Video Service ワークショップ
    このハンズオンでは、Amazon Interactive Video Service を使って作業環境の画面をライブ配信する内容を体験いただけます。
    tag : Amazon Interactive Video Service(IVS)

image Migration & Transfer

  • Migration Immersion Day
    オンプレミスからAWSへ移行する際に活用できる各種AWSサービスを用いて、実際にサーバーやデータベースを移行する流れを体験できます。
    tag : AWS Application Discovery Service(ADS), AWS Migration Hub, AWS Application Migration Service(MGN), AWS Database Migration Service(DMS)

  • AWS Application Migration Service(MGN) ハンズオン
    このハンズオンでは、AWS Application Migration Service(以後MGN) を使った仮想サーバーの移行を体験することができます。オハイオリージョンをオンプレミス環境と想定して、アプリケーションサーバーをオハイオからバージニア北部に移行するハンズオンになっています。
    tag : AWS Application Migration Service(MGN), Amazon EC2

  • Modernize .NET application from A to Z workshop
    AWS Toolkit for .NET Refactoring と Babelfish for Amazon Aurora PostgreSQL を利用して、レガシーな Microsoft ワークロードをオープンソースの基盤にモダナイズする一連の工程をハンズオン形式で体験できます。
    tag : AWS Toolkit for .NET Refactoring, Babelfish for Amazon Aurora PostgreSQL, Visual Studio 2022

  • AWS Migration Hub Refactor Spaces ワークショップ
    Migration Hub Refactor Spaces は AWS 上で動作している Rosati を持つモノリシ ックなウェブアプリケーションをマイクロサービスへ移行させる際に、ストラングラーフ ィグパターンによる移行作業を簡素化するために、ネットワーク構成を構築するサービス です。Migration Hub Refactor Spaces をどのように活用できるか学習できるワークショップです。
    tag : AWS Migration Hub Refactor Spaces

image Networking & Content Delivery

  • AWS上にセキュアなプライベートネットワーク空間を作成する
    Amazon VPC の基本および VPC 内の通信と VPC から VPC 外に接続する方法について学べます。
    tag : Amazon VPC, VPC Endpoint

  • AWS Client VPN Basic ハンズオン
    AWS Client VPN は、AWS リソースやオンプレミスネットワーク内のリソースに安全にアクセスできるようにする、クライアントベースのマネージド VPN サービスです。このハンズオンでは、AWS Client VPN を用いた様々な構成を体験することができます。
    tag : AWS Client VPN

  • クライアントVPNをつかって、リモート接続環境を構築しよう
    リモート環境からソフトウェアVPN接続を使って、VPC内へのリソースへアクセスする方法を学ぶことが可能です。
    tag : AWS Client VPN

  • AWS 上で静的な Web サイトを公開しよう!
    Amazon S3 の静的ウェブサイトホスティング機能を用いて、簡単な Web サイトをインターネット上に公開するまでをハンズオンで確認できます。
    tag : Amazon S3, Amazon CloudFront, Amazon Route 53, AWS Certificate Manager

  • Amazon VPC間およびAmazon VPCとオンプレミスのプライベートネットワーク接続
    Amazon VPC間の接続方法とVPCとオンプレミスの接続方法の解説、VPCピアリング接続、AWS Site-to-Site VPNに関するハンズオンがご利用いただけます。
    tag : AWS Site-to-Site VPN, VPC ピアリング

  • Amazon CloudFrontおよびAWS WAFを用いて エッジサービスの活用方法を学ぼう
    Amazon CloudFrontやAWS WAFといったAWSのエッジサービスをハンズオン形式でご活用いただき、その導入メリットや実際の運用方法を学べます。
    tag : Amazon CloudFront, AWS WAF

  • Edge Services Immersion Day Workshop
    AWS エッジサービスについて理解を深めるためのガイドとなる一連の独立したハンズオンラボです。これらのハンズオンを通して、AWS エッジサービスの価値、その中心概念、主な機能、ベストプラクティスを理解できます。
    tag : Amazon CloudFront, AWS Global Accelerator, AWS Shield, AWS WAF, AWS Firewall Manager, Image Optimization, Lambda@Edge, CloudFront function

  • CloudFront ハンズオン
    CloudFront を利用したコンテンツ配信を体験しつつ、CloudFront/WAF等のログ収集、検索を体験できます。
    tag : Amazon CloudFront, AWS WAF, Amazon Kinesis Data Firehose, Amazon S3, Amazon Athena

  • Amazon VPC Lattice Workshop
    このハンズオンでは、VPC Lattice のサービスネットワークを介してサービス間の通信を実現する方法を学習します。認証やログ出力の方法も学習に含まれています。
    tag : Amazon VPC Lattice

  • AWS Direct Connect ハンズオン
    AWS Direct Connectを実際に利用することにより、Amazon VPCとオンプレミスとの相互接続に関する理解を深めることを目的としています。※ 一般的にお持ちの AWS アカウントでは、このハンズオンを実際に試すことができません。画面のスクリーンショットや説明が丁寧に記載されているため、参考ドキュメントとしてご活用ください。
    tag : Direct Connect, Direct Connect Gateway, Transit Gateway

  • AWS PrivateLink ワークショップ
    AWS PrivateLink とは、データをインターネットに公開することなく、VPC と 対応する AWS サービス間を接続することができるサービスです。このハンズオンの目的は PrivateLink の基本的な設定方法を理解することです。
    tag : AWS PrivateLink

  • AWS Cloud WAN ハンズオン
    ハンズオンを通して、AWS Cloud WAN と、Amazon VPC、AWS Site-to-Site VPN、AWS Transit Gatway、Connect Attachment を介した SD-WAN(相当) との接続の方法を理解します。また、VPC と複数のセグメントを介したルーティング制御について理解をすることを目的としています。
    tag : AWS Cloud WAN

  • Workshop for AWS Educate (CloudFront/S3)
    CloudFront と S3 を利用して、サーバレスな Web 配信を体験いただける内容です。
    tag : Amazon S3, Amazon CloudFront

  • AWS Transit Gateway ハンズオン
    ハンズオンを通して、AWS Transit Gateway を実際に利用することにより、Amazon VPC をクロスアカウント、ハブアンドスポークでの相互接続、トランジットゲートウェイピアリングによるクロスリージョン 接続に関する理解を深めることを目的としています。
    tag : AWS Transit Gateway

  • Amazon VPC IP Address Manager ワークショップ
    IPAM は適応されたサービス用ロールを介して、あらかじめ指定した複数リージョンにお ける VPC/Subnet の IP アドレス使用状況情報を 1 か所のリージョンに集約します。IPAM の使い方を学習できるワークショップです。
    tag : Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)

  • AWS Network Firewall ハンズオン
    AWS Network Firewall は、すべての Amazon Virtual Private Cloud (VPC) に不可欠なネットワーク保護を簡単にデプロイできるようにするマネージドサービスです。このハンズオンでは、Network Firewall を使った通信の Drop などの構成方法を学習できます。
    tag : AWS Network Firewall

  • VPC Reachability Analyzer ワークショップ
    VPC Reachability Analyzer は 複数の VPC をまたいだネットワークの到達性を診断してくれる機能です。このワークショップでは、2 つの VPC に作成した EC2 間で Reachability Analyzer を使ってみる内容を体験できます。
    tag : VPC Reachability Analyzer

image Quantum Technologies

None

image Robotics

None

SaaS

  • Buiding SaaS Solutions on AWS
    リファレンスSaaSアーキテクチャを実装、テストすることで、マルチテナンシー、アイデンティティ、オンボーディング、セキュリティ、データパーティショニング、テナント分離などのコアコンセプトについて学習できます
    tag : Amazon Cognito, Amazon DynamoDB, Amazon S3, マルチテナント

  • SaaS AuthN/Z Workshop
    SaaS AuthN/Z Workshop は SaaS アプリケーションにおける AWS 上での認証 / 認可のコンセプトや実装の方法を学んでいただくためのワークショップです。
    tag : Amazon Cognito, Verified Permissions

SAP

  • SAP on AWS Immersion Day - SAP HANA構築
    SAP HANA のインストール、SAP HANA を S3 にバックアップ、Systems Manager を利用してバックアップのスケジューリングを行う内容を体験いただけます。
    tag : SAP HANA, AWS Launch Wizard for SAP, AWS Backint Agent, AWS Systems Manager Maintenance Windows

  • SAP HANA on AWS Advanced workshop
    SAP製品の高可用性構成を理解するために、SAP HANAをマルチAZでデプロイ、管理を学ぶハンズオンです。
    tag : SAP HANA, HAWK(High Availability Web Konsole), ASCS/ERS

  • SAP Monitoring on AWS ワークショップ
    本ラボは、SAP Basis 管理者とインフラ管理者が、SAP NetWeaver ABAP システムと SAP HANA on AWS の監視、運用方法を学ぶことを目的としています。
    tag : Amazon CloudWatch, Amazon EC2

image Satellite

None

image Security, Identity, & Compliance

  • AWS アカウントの作り方 & IAM 基本のキ
    AWS アカウントの作成と IAM に関しての説明/ハンズオンを行います。IAM ユーザーや IAM ポリシーなどの基本がわかり設定できるようになります。
    tag : AWS Identity and Access Management (IAM)

  • アカウント作成後すぐやるセキュリティ対策
    AWS アカウント取得後まず初めにやっておきたい最低限の機能の有効化方法と、それらの確認方法について学べます。
    tag : AWS Identity and Access Management (IAM), AWS CloudTrail, AWS Config, Amazon GuardDuty, AWS Trusted Advisior, AWS Budgets, AWS Cost Explorer, AWS Cost & Usage Report

  • AWS 環境における脅威検知と対応
    AWS セキュリティサービスを理解し、そのサービスを使用して貴社環境の脅威を識別および修復する方法を学習する手助けとなるように設計されています。Amazon GuardDuty、Amazon Macie、Amazon Inspector、AWS Security Hub などのサービスを使用します。これらのサービスを使用して、攻撃中および攻撃後の脅威を調査し、通知と修復パイプラインを設定し、追加的な保護策を講じて、貴社環境のセキュリティを改善する方法を学習します。
    tag : Amazon GuardDuty, Amazon Macie, Amazon Inspector, AWS Security Hub

  • ゼロトラストワークショップ
    サービス間で送受信されるワークロードを守るゼロトラストアーキテクチャについて演習を交えて解説します。
    tag : Amazon API Gateway, AWS PrivateLink, AWS Lambda, Amazon DynamoDB, Amazon GuardDuty

  • 開発者のためのセキュリティ
    このワークショップでは、自分が構築したアプリケーション のセキュリティについて考える方法を学びます。一般的なセキュリティリスクと、ソフトウェアデリバリーに大きな影響を与えることなくアプリケーションを保護するために使用できるツールとテクニックについて説明します。
    tag : OWASP Top 10, 静的アプリケーションセキュリティテスト (SAST), ソフトウェア構成解析 (SCA), 動的アプリケーションセキュリティテスト (DAST), セキュアコードレビュー

  • Data Perimeter Workshop
    多くの組織で、お客様がオンプレミス環境で実現しているのと同じように、AWS環境でネットワークとアイデンティティの境界 (Perimeter) を構築したいと考えています。本ワークショップでは、AWSのお客様のリソースに対して境界を構築するためのいくつかのベストプラクティス、利用可能な AWS サービスや機能について紹介します。
    tag : Session Manager, CloudTrail, Athena, データ境界コントロール

  • Startup Security :迅速な構築の中でセキュリティを確保するためのテクニック
    このワークショップでは OWASP ジュースショップの Web サイトを例として、既存のシステムにセキュリティを迅速に導入する手順を学習いただけます。
    tag : GuardDuty, WAF, IAM

  • AWS Identity and Access Management (IAM) Immersion Day
    この IAM Immersion Day ワークショップでは、サービスの説明と AWS によるハンズオンラボを組み合わせて、AWS アイデンティティ とアクセス管理 (IAM) と大規模なガバナンスの方法について学びます。
    tag : AWS Identity and Access Management (IAM)

  • AWS Security Hub ワークショップ
    本ワークショップは、AWS Security Hub、AWS Configを中心として、AWS 環境のセキュリティ態勢を管理および改善する方法を理解することを目的としています。
    tag : AWS Security Hub, AWS Config, Amazon GuardDuty

  • AWS KMS 保管中の暗号化 ワークショップ
    AWS では、暗号化によってデータを簡単に保護できます。このハンズオンワークショップでは、AWS での保管中の暗号化オプションについて詳しく説明します。S3、EBS、RDS などのサービスの AWS KMS を使用した AWS サーバー側の暗号化を中心に説明します。
    tag : AWS Key Management Service

  • Amazon GuardDuty と Amazon Detective を使用した脅威検知と対応
    このワークショップでは、Amazon GuardDuty と Amazon Detective の基本を学び、さまざまなユースケースやシナリオを深く掘り下げていきます。GuardDuty による脅威検知とインシデント対応の流れ、Amazon Detective を使用した侵害された EC2 インスタンスの調査を実施することで脅威検知からインシデント対応の一連の流れを体験いただけます。
    tag : Amazon GuardDuty, Amazon Detective

  • GuardDuty Workshop
    Amazon GuardDuty (マネージド型脅威検出サービス)を使用した脅威の検出と修復をカバーするシナリオについて説明します。このシナリオは、GuardDuty が検出できる脅威の一部を表す、いくつかの脅威ベクトルにまたがる攻撃をシミュレートします。さらに、GuardDuty の検出結果を表示および分析する方法、その結果に基づいてアラートを送信する方法、最後に検出結果に対する修復方法について説明します。
    tag : Amazon GuardDuty

  • Cognito API ハンズオン
    このハンズオンではこの Cognito ユーザプールに焦点をあて、基礎から理解するために直接 API の操作を行ってみるハンズオンとなっています。
    tag : Amazon Cognito

  • Cognito Workshop
    Amazon Cognitoは、モバイルアプリやWebアプリにユーザーのサインアップや認証機能を簡単に追加できるサービスです。このワークショップでは、Cognitoについて詳しく説明し、ペットストアの認証ソリューションを構築します。
    tag : Amazon Cognito, API Gateway

  • SIEM on Amazon OpenSearch Service ワークショップ
    Amazon OpenSearch Service (Amazon Elasticsearch Service の後継サービス) にセキュリティログ分析基盤を構築し、 セキュリティ対応とその構築を体験します。
    tag : Analytics, SIEM on Amazon OpenSearch Service, Amazon Athena

  • アイデンティティ ラウンドロビン
    「アイデンティティ ラウンドロビン」は、アイデンティティとアクセス管理に関するトピックを網羅したワークショップの集まりです。ここで扱うトピックでは、AWS IAM サービスを説明するだけではなく、アイデンティティ全般について説明するために、 AWS のプラットフォームのアイデンティティ、アプリケーションのアイデンティティ、インフラストラクチャのアイデンティティを網羅しています。
    tag : AWS IAM, AWS CloudTrail, Amazon CloudWatch Event, Amazon S3, AWS Lambda, Amazon Macie, Amazon Inspector, AWS Security Hub, Amazon GuardDuty

  • サーバーレスセキュリティワークショップ
    このワークショップでは、サーバーレスアプリケーションを保護するためのテクニックを学びます。
    tag : Serverless, AWS Lambda, Amazon API Gateway, AWS Secrets Manager, npm-audit, AWS WAF, AWS X-Ray

  • Amazon Macieによるデータ検出と分類
    このワークショップは、Amazon Macieを使いこなし、S3バケット内のデータをスキャンして分類する方法を学ぶことを目的としています。 Amazon Macie(データ分類)とAWS Security Hub(集中型セキュリティビュー)を使って、お客様の環境のデータがどのように保存されているかを見て理解し、セキュリティ態勢に悪影響を及ぼす可能性のあるS3バケットのポリシーの変更を理解します。 カスタムデータ識別子の作成や、Amazon Macieでのデータ発見・分類ジョブの作成と範囲設定の方法を学びます。 最後に、Amazon Macieを使用して、作成したスキャンの結果をフィルタリングして調査します。
    tag : Amazon Macie

  • AWS Secrets Manager を使用した認証情報の保存、取得、管理
    このワークショップでは、Amazon RDS データベースに接続する AWS Lambda 関数を使用したサーバーレスアプリケーションのサンプルを使用します。あなたは、プログラムによって AWS Secrets Manager からデータベースの認証情報を取得するテストや、タグを使った ABAC (Attribute-Based Access Control) の実装を行います。
    tag : AWS Secrets Manager, AWS Lambda, AWS KMS, AWS Config, Amazon EventBridge, Amazon Simple Notification Service, AWS CloudTrail

  • IAM Roles Anywhere ワークショップ
    IAM Roles Anywhere は、AWS 外部にあるワークロードに対して、一時的に IAM 権限を付与できるサービスです。IAM Roles Anywhere の構成方法を学習頂けます。Download ボタンから、Word ファイルをダウンロードが出来ます。
    tag : IAM Roles Anywhere

  • Amazon Inspector を用いた脆弱性管理
    Amazon Inspector は自動化された脆弱性管理サービスで、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) とコンテナのワークロードを継続的にスキャンして、ソフトウェアの脆弱性や意図しないネットワークへの露出領域がないかを確認します。このワークショップでは、Inspector を使用して、Amazon ECR 内にあるEC2インスタンスとコンテナイメージをスキャンして、ソフトウェアの脆弱性がないか調べる方法を学びます。
    tag : Amazon Inspector, Security Hub, Systems Manager Patch Manager

image Serverless

  • AWS SAM を使ってテンプレートからサーバーレスな環境を構築する
    「サーバーレスアーキテクチャで翻訳 Web API を構築する」で構築した翻訳 Web API を AWS Serverless Application Model (AWS SAM) を用いてテンプレートからシステムを構築します。
    tag : AWS Serverless Application Model (AWS SAM), AWS Lambda, Amazon DynamoDB, Amazon API Gateway

  • はじめてのサーバーレス
    AWS では、サーバレスアプリケーションを構成するための様々なサービスが提供されています。例えば、 Lambda, DynamoDB, API Gateway, Cognito などが挙げられます。このハンズオンでは、 これらのサービスを一つずつ構築していくことで、step-by-step でサーバーレ スアプリケーションの構築方法について理解して頂くことをゴールとしています。
    tag : AWS Lambda, Amazon DynamoDB, Amazon API Gateway, Amazon Cognito

  • サービス連携の体験ハンズオン
    このハンズオンでは、AWS のサーバーレスサービスにあまり触れたことがない方を対象として、Lambda / S3 / SNS / SQS / API Gateway をはじめとしたサービスの連携を体験しながら、サーバーレスサービスに親しんでいただくことを目的としています。
    tag : AWS Lambda, Amazon S3, Amazon SNS, Amazon SQS

  • Kong on AWS ワークショップ
    このワークショップでは、API ゲートウェイがなぜモダナイゼーションのパターンの一つなのか、そしてこのパターンを Kong を用いて実装することで、どのように以下の課題を解決できるかを学習します。
    tag : Kong Gateway, EKS, Prometheus, Grafana, CloudWatch

  • Iterative App Modernization Workshop
    このワークショップは、モノリシックアーキテクチャからマイクロサービスアーキテクチャに移行するプロセスをガイドします。
    tag : AWS Migration Hub, Amazon API Gateway, Amazon DynamoDB, AWS Lambda

  • AWS Step Functions ワークショップ
    このワークショップでは、一連のインタラクティブなモジュールを通じて AWS Step Functions の主な機能を使用する方法を学びます。
    tag : AWS Step Functions, AWS CDK, AWS SAM

  • AWS でのイベント駆動アーキテクチャの構築
    このワークショップでは、イベント駆動アーキテクチャの基本、業務に適切な AWS サービスを選択する方法、コストとパフォーマンスの両方を最適化する方法について学びます。このワークショップでは、実践的なプラクティスを通じて、イベント駆動のデザインパターンを皆さんのアプリケーションに取り入れるスキルを身に付けることができます。
    tag : Amazon EventBridge, Amazon SNS, Amazon SQS, AWS Lambda

  • クラウド初心者のためのサーバーレス ワークショップ
    はじめてクラウドを体験する方向けに、サーバーレス サービスを使ってファイル処理を行うワークショップです。Amazon Rekognitionによる物体検出を例に、クラウドのさまざまなサービスを繋げて使うためのイベントやAPI、アクセス権などの考え方を学びます。
    tag : AWS Lambda, Amazon Rekognition, Amazon DynamoDB, Amazon API Gateway

  • AWS Step Functions 入門 - ビジュアルツールを使ってローコードにワークフローを作成する
    サーバーレスなワークフロー構築サービスである AWS Step Functions の入門ハンズオンです。「Workflow Studio」と「AWS SDK 統合」機能を活用し、プログラムを書かずに AWS の各種サービスを利用するワークフローを作成します。
    tag : AWS Step Functions, Amazon DynamoDB

  • AWS Lambda と AWS AI Services を組み合わせて作る音声文字起こし & 感情分析パイプライン
    AWS Lambda と AWS の各種 AI サービスを組み合わせて、“音声ファイルがアップロードされると文字起こしと感情分析を自動的に行う” パイプラインが構築できます。
    tag : AWS Lambda, Amazon API Gateway, Amazon Transcribe, Amazon Comprehend, Amazon Polly

  • サーバーレスアーキテクチャで翻訳 Web API を構築する
    翻訳 Web API の構築を通し、サーバーレスアーキテクチャの基本が学びます。主に取り扱う AWS サービスは AWS Lambda、Amazon API Gateway、Amazon DynamoDBです。
    tag : Amazon API Gateway, AWS Lambda, Amazon DynamoDB, Amazon Translate

  • AWS Step Functions ワークショップ
    Step Functions と、Lambda・EventBridge・API Gateway などのサービスと連携して、簡易的なワークフローを構成する方法を学習いただけます。
    tag : AWS Step Functions, AWS Lambda,

image Storage

  • Amazon FSx for Windows File Server を使ったファイルサーバの構築
    こちらのハンズオンでは、Amazon FSx for Windows File Server を使ってファイルサーバ構築の基礎を学ぶことが出来るようになっています。AWS 環境におけるマネージドなファイルサーバ運用に向けた一歩目として活用頂ければと思います。
    tag : Amazon FSx, Amazon FSx for Windows File Server, AWS Directory Service, AWS Managed Microsoft AD

  • Amazon FSx for Windows File Server ワークショップ
    このハンズオンでは、FSx for Windows File Server への接続方法、スループット変更方法、重複排除機能の有効化、シャドーコピー機能の有効化、ストレージ容量の拡張方法などを学習頂けます。
    tag : Amazon FSx for Windows File Server

  • Amazon FSx for Windows File Server ハンズオン
    Amazon FSx for Windows File Server を使って、フルマネージドな共有ファイルストレージを構築いただけるハンズオンです。
    tag : Amazon FSx for Windows File Server

  • Amazon FSx for NetApp ONTAP ワークショップ
    本ワークショップは、Amazon FSx for NetApp ONTAPの詳細を知りたいアーキテクトやエンジニアを対象としたワークショップです。次の内容を学習いただけます。アクセス方法、ONTAP CLI を使った操作、NFS と CIFS を使ったマルチプロトコルアクセス、データ保護方法、FlexClone、ストレージ効率化(圧縮、重複排除、コンパクション)、SnapMirror、FlexCache、Tiering。
    tag : Amazon FSx for NetApp ONTAP

  • AWS DataSync を利用した Amazon S3 への移行ハンズオン
    このハンズオンは AWS DataSync を使用して、オンプレミスの NFS サーバーから Amazon S3 へ何百万ものファイルを転送する中上級レベル (Level 300) のワークショップです。ワークショップでは、AWS DataSync を使用した大規模なデータセットを転送する手順と、考慮すべき内容や高度な概念について説明します。
    tag : AWS DataSync

  • DataSync を使った FSx for Windows File Server へのマイグレーション
    このハンズオンでは、DataSync を使った FSx for Windows File Server へのマイグレーション方法を学習いただけます。
    tag : Amazon FSx for NetApp ONTAP, AWS DataSync

  • AWS DataSync と AWS Storage Gateway を使った NFS サーバーマイグレーション
    このハンズオンでは、DataSync を使った NFS Server のマイグレーション方法と、File Gateway を使ったオンプレミスからの NFS アクセス提供方法を学習いただけます。
    tag : AWS DataSync, AWS Storage Gateway, NFS

  • Amazon FSx File Gateway ワークショップ
    FSx File Gateway は、オンプレミス環境から、AWS 上の FSx for Windows File Server に低レイテンシーで効率的なアクセスを提供するサービスです。このハンズオンでは、FSx File Fateway の構成、ネットワークマウント、読み書き性能のパフォーマンス測定などを体験いただけます。
    tag : Amazon FSx File Gateway

image VMware

  • VMware Cloud on AWS Immersion Day
    VMware Cloud on AWS Immersion Day は、ハンズオンを通じて VMware Cloud on AWS を実際に体験することができ、参加者はサービスに慣れ親しみ、その使い勝手の良さを実感することができます。
    tag : VMware Cloud on AWS, VMware HCX, Amazon FSx for Windows File Server, AWS Managed Microsoft Active Directory